審美歯科とホワイトニングの違い

審美歯科と違う歯医者のホワイトニングとは?

審美歯科とホワイトニングは施術が違う

歯が白いと、清潔な印象を与えることができます。また白い歯を手に入れることで、お口の心配がなくなり、口元を気にすることなく笑顔になることができます。
一見、それほど比重が重くないようにみえる歯の白さ、しかしこうして改めて考えてみると、歯が白いというのは、それだけで十分な魅力となるもの、歯の白さによって他の問題点も見えなくなる、七難さえ隠してしまうといっても過言ではないのです。
そんな白い歯を手に入れる方法は様々にあります。ご自宅で市販のホワイトニングを活用してケアするという方法、また審美治療やサロンに行って施術を受けるという方法、さらに歯医者でホワイトニングを受けるという方法もあるなど、多種多様なケア方法があります。
それぞれの方法によってメリットやデメリットもあるところですが、せっかくケアするのなら、歯の白さを実感したいと思うことでしょう。
歯の白さをより実感したいという方には、とくに審美治療や歯医者でのホワイトニングがオススメです。審美治療は歯全体の美しさを目指しつつ歯の白さを生かす治療を行い、歯医者でのホワイトニングは、ご自身の歯をより白くする治療を行うものです。
どちらを選ぶか、それは求める人によって違います。例えば自分の歯を多少削ってしまっても構わないから白くてキレイな歯並びを手に入れたいというなら、審美治療のセラミックを被せるといった治療を受けるのが良いでしょう。また削るという方法ではなく、なるべく自分の歯を白くしたいという場合なら歯医者のホワイトニングがオススメです。
そんな両者の違いについて、施術法やコスト面、また持続力の違いなどについて調べてみました。

白い歯は七難隠す

審美歯科で歯を白くする場合と、歯医者のホワイトニングで歯を白くする場合。この両者の大きな違いは、その施術方法にあります。どんな違いなのか、そしてどんなメリットがそれぞれにあるのか。具体的にそれぞれの施術方法をそのメリットと共にご紹介します。

施術にかかる費用の違い

審美歯科と歯医者のホワイトニング。施術の方法だけでなく、コストの面でも違いがあります。どちらの方が高いのか、どうして高額になってしまうのか。歯を白くするにはどちらが良いのか等、コスト面から両者を比較してみました。金額の違いには隠された理由が存在しているようです。

白さが続くのはどちら

歯を白くする治療法で、最も気になるところともいえる、その持続力。とはいえ、私たちは日々、お口を毎日使って飲食をしているため、歯はつねに刺激にさらされた環境下にあります。そんな環境下でも持続する方法とはどちらなのか、そして持続力と併せてそれぞれのメリットもご紹介します。