施術にかかる費用の違い

審美歯科ではどの位かかるのか

審美歯科で歯を白くする際、とくにセラミックを被せるといった形で歯を白くする際、多くの場合が保険対象外の治療となります。そのため自費負担での治療を受けなければなりません。
セラミックにも様々な種類があり、比較的耐久性に優れたものであれば、1本5万円から10万円の間が相場といったところとなります。また、近年ではセラミックよりも強度と耐久性に優れたジルコニア製の被せ物も登場しています。ただし、こちらは更に金額があがり、5万円から20万円程度が相場となっています。
そのほか、歯の一部が欠けてしまったという場合に、その欠けた部分を修復する詰め物で歯を白くするという治療もあり、こちらは1万円から8万円程度が相場となっています。

歯医者でのホワイトニングの相場

歯医者で行うホワイトニングは、一般的にオフィスホワイトニングと呼ばれる治療法となっています。またこのオフィスホワイトニングの他、歯医者だけでなく併せて自宅でも継続してホワイトニングを続けられるデュアルホワイトニングという方法もありますが、どちらも保険適用外となるため、一般の歯科治療に比べて費用はかかります。
ただこのオフィスホワイトニングやデュアルホワイトニングは、資格を持つ人しか扱うことが許されていない液剤を使用して歯に付いた着色汚れを落とす効果が高いもので、高い効果を実感できるホワイトニングでもあります。相場としては、オフィスホワイトニングは1回1万円から7万円程度が相場、そしてデュアルホワイトニングは5万円から8万円程度が相場となっています。