白さが続くのはどちら

審美治療での場合

審美治療で歯を白くする場合、歯に白いセラミックを被せた際の歯の白さの持続力は、ほぼ使用し続ける限り白さを保てるといっても過言ではありません。例えば、セラミック製の陶器を想像してください。コーヒーや紅茶などを飲んで、一見黄ばみが付いたように見えても、ちゃんと洗い流せばその着色汚れは陶器の奥までしみ込むことはありません。同じように歯に被せたセラミックも、適宜洗うことで、着色汚れを起こすことは無いのです。
ただし耐久性という点では、ご紹介したように金額の差があるように、セラミックにも品質の差が生じます。また日頃から食いしばりの癖があるという方の場合には、セラミックに過度な負担が生じているケースもあります。こうした過酷な環境にある場合には永久不滅とはいかないため、定期的にメンテナンスしておく方が安心でしょう。

歯医者のホワイトニングでの場合

歯医者でのホワイトニングは、ご自身の歯に付着した汚れを落とし、キレイな状態にするという治療を受けることになります。治療を受けた後は白いきれいな歯を取り戻すことができますが、それが永遠に続くというわけにはいきません。どうしても日々の食事の中で、着色してしまうことがあります。つまり歯医者でのホワイトニングは、1回受けたらそれで良しなのではなく、定期的にホワイトニングを受けた方が白さを持続させることができるということです。
歯医者でのホワイトニングを、定期的に受け続けることで、お口の中のトラブルを歯医者に発見してもらい、早期治療を受けるというメリットも生じます。つまり定期的なホワイトニングは、お口全体の健康を保つという恩恵を受けることもできるのです。